柏崎の「音市場」とケルンの「Kölner Musiknacht」

ドイツに戻って1周間が過ぎ、一日一日と寒くなっていくのが分かる日々です。
日本は金木犀の匂いが広がる時期かと思い、羨ましく思います。

先週の土曜日にケルンで行われた「Kölner Musiknacht(ケルンの音楽の夜)」というイベントに友人たちと行ってきました。

夕方18時からケルンの中心部の教会やコンサート会場などなどでいろいろなジャンルのコンサートが聞けるイベントです。
ケルンは世界的に有名な都市で歴史と伝統があり、毎日のように著名な演奏家のコンサートが聞ける街です。
なので、このイベントもケルンの周辺で活動し活躍している演奏家の演奏に出会うことができとても新鮮で楽しい夜でした。

僕たちは、リュート、ヴィオエラ・ダ・ガンバとツィンクで演奏された1600年台のイタリアの初期バロックのコンサートから聴き始めました。
教会の豊かな響きの中で響く3台の音色はとても美しく勉強になりました。

その後、ピアノ・ソロによるムゾルグスキーの「展覧会の絵」。ピアノが演奏している間に画家がピアニストを描くというものでした。

そして、会場を移動し博物館での蓮見岳人さん(僕のリュート・古楽の先生)が参加したバロックアンサンブルのコンサート。
残念ながら、会場までの道を迷ってしまい最後の2曲しか聞けませんでしたが、と~~~~ても素晴らしかったです。

最後には、現代音楽・・・というかパフォーマンスをみて終わりました。
二人の人がステージの上で映像と、机の上に置かれたものを中心に音を出していくというものでした。
このステージで思ったのは、日本から来た人間とドイツの人の感覚・感性の違いです。
普段の生活でもそれらが違うなぁ~と、思うときは多々ありますが、この時は日本人3人でびっくりしていました。

(ケルン大聖堂)

ケルンは頻繁に行きますが、このようなイベントですと、街の細かい部分が具体的なり、新たな街との出会いや発見があります。
「演奏者」としてこのようなイベントには柏崎の「音市場」や新潟の「柳都コンサート」などに出演していますが、聴衆としては初めてでした。こんなに、こういうイベントが楽のしいものだなんて思いもしませんでした!!!!!!!!!!!!!!

このようなイベントは日本でも行われています。その中でも私にとってとても親しみがあるのが柏崎の「音市場」です。
柏崎 音市場 ホームページ http://www.oto-ichiba.com/

柏崎の音市場で多くの方と出会え、学びを得ることができました。
今年で9年目で、とうとう来年は10年目です。すごい!

残念ながら今年は参加できませんが、ぜひ来年は参加し演奏したいです!!

 

 

 

カテゴリー: コンサート | コメントをどうぞ

ドイツに帰ってきました!

昨日の夜にドイツの私が住むデュッセルドルフに帰ってきました。

ドイツは日本よりも寒く、薄暗いです。
秋晴れの清々しい日々が始まりつつある中で、日本から離れるのは残念でした。

今回の日本滞在での演奏を振り返りますと・・・

8/16(日) えんま通り 柏崎市
8/21(金) 蔵 和助 柏崎市  with 馬場明成、関矢優子
8/24(月) 味楽庵 柏崎市
8/27(木) エトセトラ 柏崎市 with 岩下健
8/30(日) 大潟コミュニティープラザ 多目的ホール 上越市大潟区
9/3(木)  味楽庵 with 南雲麻美
9/5(土)  オステリアサカヅメ 上越市
9/6(日)柏崎市民文化会館 アルフォーレ マルチホール
9/13(日) 新潟市北区文化会館
9/14(月) 新発田市立猿橋中学校
 

柏崎市のマルチホールでは2012年8月にもコンサートをしましたが、今回は初めてソロで全編を通しました。
私が日本にいた頃からの知り合いの方々が来てくださり、また初めて聞いて下さった方も多く、200名くらいのお客様にご来場いただけました。
また、主催して下さり、当日までの段取りをしてくださったのは私の中学校時代の先生方でした。卒業後もこのように私に関わり応援してくださり、私の掛け替えのない人生の財産です。大変にありとうございました。

他に、柏崎市内でのコンサートは高校時代の担任の先生のご紹介で、今回はじめて歴史がある古民家の「味楽庵」で演奏出来ました。
8/24はギター・ソロで、9/3はサックス奏者の南雲麻美さんとDuoで長渕剛の曲を演奏しました。
エトセトラでの岩下健くんとのコンサートは私のギター・ソロと岩下くんのアコーディオンソロ、そして、二人のDuoで行いました。
気の合う仲間との音楽は楽しく素晴らしい時間です。
馬場明成くんとの演奏は新しい出会いの時間でした。馬場くんはイタリアに留学しており、当日はイタリア歌曲を主に歌われていましたが、私とは日本の曲を二曲演奏しました。また、いつか一緒に演奏したいです!

大潟区でのコンサートは、昨年の吉川区でのコンサートを主催してくださった方々が中心に企画してくださいました。
この会場も多くの方にご来場をいただけました。
オステリアサカヅメさんは昨年に引き続き、今回で4回目の演奏でした。
いつも私の演奏を楽しみしてくださる方が一時間もかけて自転車でお越しくださいました。

新潟市でのコンサートも昨年に引き続き二回目で、音楽を楽しむ会の方々が中心に主催し演奏しました。
来年も新潟市で演奏できる事を楽しみにしております!

新発田市の猿橋中学校での演奏は新たな試みもあり、新鮮なステージでした。
中学生の皆さんの若々しい表情をステージの上から見て、自分の中学校時代を思い出しました。
来年もまた演奏を猿橋中学校で、できたら嬉しいです!

佐々木勇一vs米山 ソナタ第4楽章(アントニオ・ホセ

さて、滞在も終わりのころの9月12日(土)は清々しい秋晴れでした。
釣りに行こうか迷いましたが、滞在の思い出を残したいと思い、上越市吉川区のやまぎし農園へお邪魔し動画を撮影してきました。
米山をバックに録画してみました。ちょうど、稲刈りの真っ盛りだったので農耕車が行き交う中での録画になりました。

カテゴリー: コンサート, 旅日記, 演奏動画 | コメントをどうぞ

コンサート情報

日本に帰ってきてから毎日いろいろ忙しく、記事を更新することができませんでした。
すでに終わってしまったコンサートがいくつかあります。先日、8月30日に上越市大潟区で行ったコンサートには100名を越すお客様にご来場頂きました。大変にありがとうございました。
 

明日、9月5日(土)は上越市の直江津にあるレストランのオステリアサカヅメ様で16時から演奏致します。

さらに、6日(日)は柏崎市の柏崎市民文化会館 アルフォーレのマルチホールで19時からギターリサイタルを行います。
こちらのほうは、ほぼ完売となっております。

13日(日)は新潟市北区文化会館 で18時から演奏を致します。

カテゴリー: コンサート | コメントをどうぞ

リュート

一昨日、ルネサンスリュート(カズオ・サトー製作)を佐々木忠先生からお借りして、弾いています。
今まで、モダンギターでルネサンスの作品を弾いていましたが、ギターと違うリュートで弾くといろいろ新しいものを得られるような気がしています。

しかし、調弦が大変です! 
一昨日からリュートの調弦をし続けています。
弾けば狂い、直せば狂い、そして、直して、弾き、狂い、、、、
さらに今日は夕方から湿度が上がったせいなのか、調弦が更に合わなくなってきました。
30年くらい弾かれていなかったそうなので、表面板が歳月に対して白いです。
一昨日からいじり続けていますので、音量も音色もだいぶ変わってきました。「Guten Morgen!」と、眼をこすりながら行っている感じです。これから、顔を洗って、服を着替えて、朝飯を食べないといけないので時間はまだまだ掛かりそう。そして、弾いている自分も「起きる」まで時間がかかりそうです。

カテゴリー: 留学 | 2件のコメント

現代ギター 6月号



現代ギター 6月号の特集記事「フィゲタ奏法について~モダンギターにおける効果的な応用法~」というものを書かせていただきました。
ご興味がある方はぜひお読みくだださい。

カテゴリー: 現代ギター | コメントをどうぞ