徒然

先月、新発田市の中学校で演奏した際の感想が届きいろいろ考えるや感じるところがありました。

この中学校は他の学校に比べ講師を呼びいろいろと生徒の皆さんに刺激を与えているので感想が面白いです。
今回は自分の今まで生きてきて得た経験や出会いなどを踏まえて話しを多く入れながら約70分の時間行いました。
まとめきれなく自分としては「不完全」でしたが、感想を読む限りでは自分の想いが伝わっていてようで良かったです。
伝えることができたのも、普段から生徒の皆さんと向き合う先生方の誠実な姿勢と生徒の皆さんの誠実な初々しい心があったからだと思います。

そういえば僕が中学校の3年生の時に学校聴いた講演会で得た言葉に「夢は見るもの。希望は叶えるもの。」というものがありました。この言葉は10年以上もたっても大切に私のこころにあります。(この講演会で語られる、講師と筋ジストロフィーの障がい者生徒の関わりの話は嫌でした。)

人間の変化と成長は止まることがないと信じています。
かつていろいろと右往左往し悩んだ日々を大切にし、「死ぬまで健康(大阪の友人の言葉。死ぬまで命があるという意味?)」を胸にこれからも楽しんで、さらに右往左往したいと思う金曜の夜です。

カテゴリー: ギター教室日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">