リュート

一昨日、ルネサンスリュート(カズオ・サトー製作)を佐々木忠先生からお借りして、弾いています。
今まで、モダンギターでルネサンスの作品を弾いていましたが、ギターと違うリュートで弾くといろいろ新しいものを得られるような気がしています。

しかし、調弦が大変です! 
一昨日からリュートの調弦をし続けています。
弾けば狂い、直せば狂い、そして、直して、弾き、狂い、、、、
さらに今日は夕方から湿度が上がったせいなのか、調弦が更に合わなくなってきました。
30年くらい弾かれていなかったそうなので、表面板が歳月に対して白いです。
一昨日からいじり続けていますので、音量も音色もだいぶ変わってきました。「Guten Morgen!」と、眼をこすりながら行っている感じです。これから、顔を洗って、服を着替えて、朝飯を食べないといけないので時間はまだまだ掛かりそう。そして、弾いている自分も「起きる」まで時間がかかりそうです。

カテゴリー: 留学   パーマリンク

リュート への2件のコメント

  1. 畠山トシ より:

    おはようございます!新潟はただいま10月19日朝5時です。ドイツは?
    この記事をみつけました。佐々木忠先生と書いてありましたが、私が少し存じて
    おります方と同じ方かな?と思いましてお訊きします。新潟市大学南にお住まい
    の先生でしょうか?

    • sasaki より:

      コメントありがとうございます。そして、返事が遅くなりまして、申し訳ございません。

      佐々木忠先生は新潟には住んでいません。
      ドイツに住んでおり、ケルン音楽大学で数十年ギター科の教授だった人です。

sasaki への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">