お世話になった地元のピアノの先生が近いうちにグラナドスの詩的ワルツ集+朗読で演奏するらしいです。内輪のコンサートらしいけど、そういうの楽しそうだな~。

柏崎・上越って意外にもクラシックギターやっている人や、昔やっていた人が多く、さらにギター以外の楽器の人でもギターのプログラムに多くとりいれられている「スペイン系クラシック音楽」が好きだって人が多くて嬉しいです。
僕は柏崎・音市場で今までソロやアンサンブルなどで参加してきて、いろいろ弾いてきたけどお客さんが近いところで演奏することによって興味を持ってもらい演奏後にすぐ質問が来たりします。

地方の8万人くらいの都市でも音楽をはじめ多くの文化的な活動は深まるし盛り上がるはず。どんどん自分の故郷でいろいろなコンサートが聴けるようになると嬉しいですね。

さて、冬の音市場が開催されます。

http://www.city.kashiwazaki.niigata.jp/detail/2057748319.html

※冬の音市場 詳しい内容 http://www.city.kashiwazaki.niigata.jp/detail/2057748319.html

ブラジルのマニアックな作曲家の作品が聞けたり、スペインのバレエ音楽の曲が聞けたり、Jazzから日本の津軽三味線、フォルクローレ・・・などなどいろいろな分野の音楽が聴けちゃう「音楽の重箱」みたいなコンサートです。

『生で音楽聞きたいけど何から聞けばいいかわかんない~』って、方にお勧めです。
当日演奏される方の中には経麻朗先生をはじめ、県内で音楽の

専門家として生きている方も演奏されます。

ご興味がある方はぜい、お立ち寄りください。

残念ながら私はドイツにいるので、演奏できません。

カテゴリー: 雑記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">